sportingbet ブックメーカー 稼ぐ ギャンブル オンラインカジノ BM

sportingbetとは?

クイックリンクで当日の試合が良くわかるサイト構成が魅力です。
多くのプロチームの支援を行い、スポーツの振興にも力を入れています。、

 

創業
1998年

所在地
イギリス領アンティグア・バーブーダ

従業員数
不明

対象のスポーツ
サッカー、競馬、テニス、バスケットボール、野球、クリケット、オリンピック、ダーツ、ゴルフ、ラグビー、バレーボール、モータースポーツ、ボクシング、ハンドボール、フィールドホッケー…他多数

オンラインカジノ
ブラックジャック、テーブルゲーム、スロット、ビデオポーカー、ライブカジノ、ルーレット、…他多数

特徴


運営会社のSportingbet PLCは、2001年にロンドン証券取引所に上場していますので、安心できます。

 

2001年にSportsbook.comを買収、2004年にParadise Pokerを買収、2005年にmysportsbookを統合し、順調に事業を拡大しています。

 

オーストラリアで、最大規模のSportingbet Australiaを運営しています。

サイトは、21ヵ国の言語で表示することができますが、残念ながら日本語サービスはありません。

 

ヨーロッパ、オーストラリア、カナダ、南米、南アフリカなど、30以上の市場で100万人を超える参加者がいます。

 

ご登録は


Sportingbetの登録は、こちらのフォームをご利用ください。

海外ブックメーカーは合法です。

ブックメーカーの良い所は、公営ギャンブルであるということです。

 

ブックメーカーや、オンラインカジノは、イギリス・カリブ海諸国・カナダ・フィリピン等の各国政府からライセンスが発行され、公的にも認められた形で運営されています。つまり、ブックメーカーや、オンラインカジノ自体には、違法性はありません。

 

問題は日本国内から、ブックメーカー・オンラインカジノに参加した場合の扱いがどうか?ということだと思います。現時点では、統一した見解がなく、白とも黒とも言えないグレーな状態です。

 

日本の法律では、賭博罪は単独では成立しないことになっています。
          ↑↑これは重要なポイントです。↑↑

 

賭博罪が成立するには、カジノ側で一緒に賭けを行なう共犯者が必要になります。
共犯者がいなければ賭博罪は成立しないという点を考えると、日本からの参加でも特に罪に問う事はできないのだと思います。

 

当サイトは、ブックメーカーやオンラインカジノの有益性を紹介するだけのものになりますので、参加を強要することはありません。最終的な判断はご自身でなさってください。

sportingbetエントリー一覧


William Hill 5Dimes Pinnacle neteller Skrill